リハビリ情報まとめ

リハビリの情報だけでなく、入院中や退院後の情報などもまとめています

*

【GSKnee(ジーエスニー)】膝関節のブレーキ装置で膝が自由に曲がる状態をつくる

   

脳卒中・脳梗塞など脳血管疾患により、身体の機能に麻痺が出てしまった患者さんは、身体の機能の回復のためにリハビリが必要になります。

GSKnee(ジーエスニー)は、長下肢装具の膝関節に簡単に取り付けられます。
ブレーキ装置によって、膝が固定された状態と自由に曲がる状態を、手元のボタンで切り替えることが可能になります。

リハビリ初期のころからGSKnee(ジーエスニー)を使うことで、膝を固定した歩き方ではなく、膝を曲げて歩く自然な歩行スタイルでリハビリを進めることができます。

GSKnee(ジーエスニー)の資料やお問い合わせはこちらからどうぞ
【GS Knee】詳しくはこちら

リハビリ中の膝折れを防ぐ

長下肢装具を使用した歩行練習は、リハビリ中の膝折れを防ぐために膝関節をロックして練習します。
膝継手のロックを外した歩行連中に、膝折れし転倒してしまうと、重大なケガにつながる可能性もあります。

膝折れを防ぐために、膝関節を固定して歩行訓練しますので、どうしても歩き方が普通とは違ってきます。
リハビリでよく見るのが、分回し歩行と言われる装具を付けてる脚を外側に回転させて、ぶん回すように足を前に出す歩き方になってしまいます。

リハビリ後の歩容にこだわりたい

リハビリを頑張って、歩けるようになる方も多くいらっしゃいます。
しかし、長下肢装具を使用して歩行練習を続けていると、膝がロックした状態でリハビリするので、今まで通りの普通の歩き方ができません。
足を振り回すような歩き方になってしまい、どうしても歩き方が変わってしまいます。

まずは、歩けること・体の機能を回復させることが優先になるので、仕方がありません。

せっかく歩けるようになっても、悪い歩容ですと、体のどこかに負担をかけ続けることになります。
できれば、自然な歩容で歩行練習ができるのが理想ですね。

GSKneeが作られた理由

一般的な長下肢装具を使用した歩行訓練では、膝関節を固定し曲げることがでないので、どうしても不自然な歩き方になります。
大変なリハビリを頑張り、せっかく歩けるようになっても、歩き方が足を振り回すような分回し歩行になってしまうのは辛いです。

長下肢装具の膝関節が、固定された状態と自由に動く状態をコントロールできれば、膝折れの心配もなく膝を曲げて歩行練習ができると考えました。

GSKneeの資料・お問い合わせ

長下肢装具の膝継手に簡単に装着することができます。
GS Kneeのブレーキ装置によって、膝関節の回転を制御することができるようになります。

GSKnee(ジーエスニー)の資料やお問い合わせはこちらからどうぞ
【GS Knee】詳しくはこちら

リハビリに関わるすべての人が幸せになるように




この記事が良かったら、ポチッと応援クリックを!

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ にほんブログ村 病気ブログへ


 - リハビリ, 脳梗塞 , ,