リハビリ情報まとめ

リハビリの情報だけでなく、入院中や退院後の情報などもまとめています

*

脳梗塞の予防や病後 頭のマッサージ

   

脳梗塞になりそうな頭の状態とは、どんな状態でしょうか。

頭皮が硬くなっていて、赤みが出ているような状態は、ストレスや疲れで自分でも危ないなと思えるような状況でもあります。

それが直接脳梗塞や脳卒中の予兆では無いかもしれませんが、閃輝暗点などが見られたときは、水分をよくとり、安静にしています。根本的に貧血のことがありますので、病院で処方もしてもらいます。

頭のマッサージはたとえ病気でなくても、普段から取り入れていきたいです。というのは頭の周りの頭皮の筋肉は、放っておいても、自分ではほぐれないのだそうです。

なので、シャンプーをする時に全体を優しくマッサージしたり、寝る前のひとときに側頭部や後頭部、頭のてっぺんの百会を揉んでいくと気持ちよく、血行も良くなります。

血行を良くするためには、ゆっくりお風呂に入ることも大切です。そうすると頭皮も少しづつ柔らかくなっていきます。

日々の緊張した生活から、首回りが凝り、頭に血が行きわたりにくくなり、頭皮が凝り、頭が固くなり、頭の血流も滞っていきます。そのままにして行くと悪循環です。時間がなくてもたまにはお風呂に入ってくださいネ。

余談ですが血液の成分が十分に整っていてたっぷりとあり、血行がいいと、白髪もあまり増えないようです。

 

さて、病後の頭ですが、血液の流れが良く無い部分があると思いますので、お医者様に聞いたうえで、どの辺の血管まわりをマッサージするかを聞いてみるとよいでしょう。

血行を良くするように、あくまでやさしくマッサージするのです。頭全体をやさしくもみほぐすことも、全身の血流を促進するので、身内の方にはしてあげたいことです。




この記事が良かったら、ポチッと応援クリックを!

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ にほんブログ村 病気ブログへ


 - 脳梗塞 , , , , ,